在籍確認について

在籍確認とは

会社で会議

カードローンを申し込む時にいろいろ申請書に記入しますが、それだけでは審査OKとなりません。
申請内容はカードローン会社で確認しますが、最終的に在籍確認という電話確認があります。
申請書に記載されている会社に実際にいるのかどうか、確認の電話をしてくるのです。
ただ、以前ならそれも意味があったでしょうが、今では会社でも携帯電話をメインで使っているところもありますので、電話での在籍確認もあまり意味が無くなってきているような気がします。
それは専業主婦がカードローンを申し込んだ時の在籍確認も同じです。今では皆さん携帯電話ですからね。会社や自宅確認による在籍確認もそろそろ限界かも知れません。

 

本来の意味は

在籍確認は、カードローン会社が申し込みをした人にお金を貸してもちゃんと返済してくれるはずの給与取得者であることを確認するためのものです。
カードローン会社はお金を貸してその金利分を利益とする企業活動を行っていますが、どうしても返済しない人は一定数発生してしまいます。
それはある意味折り込み済むでそれを含めた金利設定をしているのですが、それでも出来るだけ未返済者を発生させないようにすることは利益に直結しますので、事前の審査は重要になります。
そしてその最終確認が在籍確認という訳です。一般の企業に務めていることをその会社の代表電話で確認出来れば、これはその人の信用度は高くなります。
専業主婦でも家庭に居ることが確認出来れば、ご主人である給与取得者と同居していることが分かりますので、同じように信用度を確認することが出来るという訳です。

 

逆の意味で

カードローン会社を選ぶ時に何を基準に選びますでしょうか。
一般の人がカードローン会社を選ぶ際はどうしても知名度がその基準になると思います。よくテレビCMで流れているカードローン会社なら安心だろうを思うわけです。
それは基本的には正しいでしょう。テレビCMに流すことはそれだけで資金力と社会的責任を自分でアピールしているようなものです。
ただカードローン会社にはそんな有名なところばかりではありません。地元のカードローン会社もあるでしょうし、駅で配っているポケットティッシュの広告にもカードローン会社の宣伝があります。
金利も安かったり、手続き簡単24時間対応とか、他でダメでも審査オッケーなどと謳っていたりしてつい目が行くこともあるかも知れません。
でも、もしそのカードローン会社が在籍確認もしないような会社だったら、それは逆に信用出来ないカードローン会社かも知れません。
基本的最低限の確認もしないカードローン会社は避けたほうがいいのかも知れません。
携帯電話の普及で余り意味の無くなってきている在籍確認ですが、申請時に記載した電話番号をまずは確認するくらいの確認はやはりするべきでしょう。

 

それでも止めて欲しい在籍確認

在籍確認と言っても、特別に何か聞かれる訳ではありません。
その会社に居ることを確認するのは第一目的ですので、あとは電話に出た本人と名乗る人が本当に本人かどうか、氏名フルネームや生年月日、住所、電話番号などを聞かれるだけです。
勿論替え玉じゃなくて本人がちゃんと申し込んでいるのなら何も心配することはありません。変な事を聞かれる訳ではありません大丈夫です。
ただ、それでもカードローン会社から会社に電話が掛かってくることを避けたい人は居るものです。
代表電話しか無い場合、カードローン会社から在籍確認で掛かってきた電話は誰が取るか分かりませんし、まずい人がたまたまその電話を取ったりすると後で変な噂を立てられるかも知れません。
それ以前に会社にカードローンの世話になっている事を知られたくない人も少なくないでしょう。
でも、それも基本的に心配は無用です。カードローン会社もそこはプロですので、申し込み者に迷惑を掛けるかも知れないことには配慮をしてくれます。
会社への在籍確認の電話もカードローン会社を名乗ることなく個人名で掛けてきます。本人が出たと判ると、そこで初めてカードローン会社であることを知らせてくれるのです。
それでも心配な場合は申請時にその旨を伝えておくか、或いは最初から大手カードローン会社でも在籍確認をしなくても社員証や給与明細のコピー等の代用で審査OKとしてくれるところもありますので、インターネットで探してみましょう。